ブログ用背景.jpg

​水戸を安全に安心して暮らせる街に。

佐藤あきお|

オフィシャルブログ

令和4年第1回水戸市議会定例会 開会

 3月7日より、令和4年第1回水戸市議会定例会が開会いたしました。


 定例会初日の本会議において、「ロシアによるウクライナ侵攻に断固抗議する決議」を、全会一致で可決いたしました。


 今定例会では、令和5年7月オープン予定の新市民会館整備事業の予算のほか、学校施設の緊急安全対策事業、組織体制の強化策として業務を一元化する「こども部」を新設するなどの議案が提案されました。新年度予算の総額は、2,074億580万円となり、そのうち一般会計予算1,244億7,200万円となります。


 水戸市議会3月の定例会は、3月7日から24日までの18日間の日程で行われます。

(3月14日から16日にかけて代表質問と一般質問が行われます)


 今定例会では、代表質問(14日)を行う予定です。


《発言通告内容》

1 市長の政治姿勢について

(1)新型コロナウイルス対策について

  ア 感染拡大防止対策について

  イ 小児(5歳から11歳)接種等について

  ウ 社会経済活動の継続に向けた支援について


(2)市政運営の基本姿勢について


(3)令和4年度予算編成方針と重点政策について


(4)魅力ある都市機能の充実について


(5)産業振興と企業誘致による雇用創出について


2 教育行政について

(1)教育環境の充実について

  ア 教職員の働き方改革の現状と今後の取組について

  イ コロナ禍における学力・体力向上への取組について






閲覧数:48回